近接用途の組み込みソリューション

Impinj Indy RS500表面実装モジュールは、小規模なタグ集団の近接読み取りを必要とするアプリケーションに最適です。プリンタ、ハンドヘルドリーダー、タブレット、POS端末、アクセス制御ターミナル、スマートキオスク、スマートミラー、シェルフリーダーなど、さまざまな接続機器を作成することができます。

Impinj-Grey-SiP-RS500

Indy RS500の特長

ターンキーソリューション
モジュール認証の世界的な規準を満たす、完全に統合されたテスト済みモジュール


迅速な市場投入
表面実装モジュールにより、最小限のハードウェア設計で簡単に統合


近接リーダー用途に最適
短い読み取り範囲内の小規模なタグ集団での読み取り信頼性を提供

 

※ 同製品は新設計での使用は推奨しておりません。  

主な機能

容易なシステム統合

IRI API(インピンジ無線インターフェース)、ツールキット、サンプルコードにより、製品のリスクを低減

平均的な読み取り範囲

最大3メートルの読み取り範囲を必要とするアプリケーションに最適

モジュール認証

FCCとカナダで認証済み、世界中の主なリージョンへの対応がテスト済み

インピンジ・リーダーファミリの概要

ProductFamilies_ReaderChips

インピンジリーダーチップとモジュールは、RAIN RFIDソリューションのフルラインナップを可能にする性能と柔軟性を提供します。開発リスクが低く、短期間での市場投入が可能なインピンジRAIN RFIDモジュールと、将来のコスト最適化につながるインピンジRAIN RFIDチップは、全て共通のインピンジプラットフォームを基盤としています。

IMPINJ

Impinj(NASDAQ:PI)は、衣料品や自動車パーツ、手荷物、積荷など、何十億というアイテムをワイヤレスにインターネット接続することで、分析、最適化、革新を進める企業や人々を支援します。Impinj(インピンジ)プラットフォームは、RAIN RFIDを使用して、これらのアイテムに関するリアルタイムなデータをビジネスおよびコンシューマアプリケーションに提供することで、無限の可能性を持つIoT社会を実現しています。++

© 2012 - 2020 Impinj, Inc. All rights reserved. .