用途に応じて焦点を絞った読み取り範囲を提供

Impinj Speedwayリーダーで構築されたカスタムソリューションの一環であるThreshold(しきい値)アンテナは、しきい値や境界を通過するアイテムを識別します。その大容量の読み取り範囲は、極めて特定された読み取り区域内で最大限に性能を発揮するように設計されています。

 

Impinj-Grey-Threshold

Thresholdの特長

広い視野
直線的に先頭から末端まで配分された細長い設計により、一貫して連続的な読み取り区域を提供


大容量の読み取り範囲
フェンスやその他の境界線に簡単に取り付け可能で、境界の隅々まで最大のカバレッジを提供


マルチリージョン運用
FCCおよびETSIをサポートするリージョンでの性能を最適化

主な機能

平面フォームファクタ

境界・しきい値を交差する特注設計

カーテン状のカバレッジ

しきい値を通じてカーテン状のカバレッジを提供するための専用設計

周波数範囲

FCCおよびETSIバージョンでの提供が可能

インピンジ・アンテナファミリの概要

Impinj-Grey-Antenna-Family

インピンジのアンテナファミリは、Impinj Speedwayリーダーに接続し、小売、サプライチェーン・物流、ヘルスケア、その他数多くの業界向けのカスタムソリューション開発をサポートします。 アンテナは近接、特殊、および遠距離の読み取り区域をサポートする、さまざまなサイズと筐体を用意しています。

IMPINJ

Impinj(NASDAQ:PI)は、衣料品や自動車パーツ、手荷物、積荷など、何十億というアイテムをワイヤレスにインターネット接続することで、分析、最適化、革新を進める企業や人々を支援します。Impinj(インピンジ)プラットフォームは、RAIN RFIDを使用して、これらのアイテムに関するリアルタイムなデータをビジネスおよびコンシューマアプリケーションに提供することで、無限の可能性を持つIoT社会を実現しています。++

© 2012 - 2020 Impinj, Inc. All rights reserved. .